画像安定装置はどんなものか

画像安定装置はビデオ編集機やビデオスタビライザーとも呼ばれるものです。


この装置はDVDやビデオをダビングする際に使うものです。ダビングする際、劣化してしまった画面をきれいにする装置です。

映像信号内のノイズ信号をクリアにすることによって、劣化した画像を安定させます。
その接続方法としては、再生機器の映像出力、画像安定装置の映像入力、画像安定装置の映像出力、録画機器の映像入力となります。

機種については色々な機種が出ています。

例えばブルーレイディスクに対応しているものもあるのですが、これはすごく魅力的です。



それから、全てのワイド信号に対応しているものもありますし、大容量画像メモリーを搭載しているものもあります。

あなたの期待に応える朝日新聞デジタルの最新情報ならこちらを参考にしてください。

HDMI入力端子のない録画機器でもHDMI出力から録画できるもの、スプリッター機能によってHDMI出力が同時にできるものもあります。

他にも魅力的な機種があります。



SDカードスロットを搭載している、録画機としてもHDMIセレクターとしても使うことができるものもあります。
USB接続型の画像安定装置もあるのですが、これはUSB接続によりパソコンに取り込んでください。

DVD製作ソフトや動画編集ソフトが付属として付いているものもあります。


価格については1万円以下のものもありますし、4万円以上のものもあります。
この画像安定装置の入手方法に関しては、大手の家電店、量販店の店頭でも購入することができます。