画像安定装置で長く綺麗に映像を保管

画像安定装置とは、ある機器から別の機器に出力する際に画像を綺麗に再現する機械のことを指し、主にビデオテープなどに記録された古い映像をDVDやブルーレイディスクに移動するときに用いられています。



使用する際は、出力装置と入力装置の間に、映像の場合は2本、音声のみの場合は1本のケーブルを接続して使います。
この装置を利用することによって得られるメリットとしては、価値ある映像をより美しく安全に保存できることが挙げられます。
従来使われていたビデオテープは湿度やカビに弱く、また伸びてしまう可能性もあるため長期保存には不向きでした。

goo ニュースについての情報をまとめたサイトです。

画像安定装置を使うことで、こうした不安定な媒体に記録されている大切な映像を、新しく登場したDVDやブルーレイディスクといった、よりデータ損失のリスクが低いデバイスに移すことができるのです。


また、同じ映像を複数回コピーをすることも可能なため、昔取ったビデオを同窓会などで大量に配布したい場合にも便利に使用することができます。
一方で、テレビや電子レンジのように日常的に使う製品ではないため、街でよく見かけるような家電量販店では取り扱われていないことがあります。



画像安定装置を買う際は、ネット通販や少しマニアックな製品も置いている電気屋で説明を受けながら購入することをおすすめします。
高画質・高音質に適した専用のケーブルも販売しているため、クオリティにこだわる方は使用してみても良いかもしれません。


画像安定装置を用いて、大切な記録をより良い状態で保存し、楽しんでみてください。