画像安定装置について

画像安定装置とは、DVDやビデオをダビングする時に劣化した映像を綺麗にする装置の事です。



一般的にビデオスタビライザーやビデオ編集機などと言われています。


市販されている画像安定装置には、スペシャル機能が搭載されているモデルもあります。画像安定装置は大きく分けて2種類のタイプがあります。1つ目はアナログタイプです。


再生する機械と録画する機械の間に接続して、コピーガードを外すタイプです。
2つ目はハイビジョンに対応しているデジタルタイプです。


それぞれHDMIの入出力を持っているので、HDMIケーブルを使って再生機などに繋ぎます。

アナログタイプと違ってハイビジョンの映像を録画する事が出来ます。

Yahoo!ニュースの情報を掲載しませんか。

しかし、デジタルタイプは直接ダビング出来ないので、外付けHDDを接続してその中に録画をする事になります。


メリットは、カビなどで劣化しているビデオテープで保存するよりも、ビデオテープの映像をDVDにダビングして保存しておく方が安心出来ると言う事です。


それに、ビデオデッキからDVDプレーヤーに直接繋いでダビングした時よりも、綺麗な画質で保存出来ます。



大事に保存しておいた映像がテープ切れで再生出来なくなっていたり、ノイズだらけだったと気づいた時には取り返しが付きません。


DVDにダビングしておけばそんな心配もなく、楽しむ事が出来ます。
画像安定装置は通信販売で手に入れる事が出来ます。

安い場合だと1万前後で購入することが可能です。